FC2ブログ

茶チャ専用ランの草刈りが^^

最後の拍手にもお願いいたします
にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村



夕方の散歩にチェリーロードに向かいました

もうじきムカゴが実る頃なんですが・・・・

激暑で自然薯の葉も枯れてしまったり

違うツル性の植物が茂っているんです (T_T)

DSC00371_convert_20181019151605.jpg

桜の葉も余りの暑さに葉を落としてしまいツタが茂っています

DSC00372_convert_20181019151622.jpg

またタヌキでも居ないか散策中

野生動物の💩があちこちにあるんですがイタチかテンでしょうか?

アケビの実も厚い皮だけが残り実は無くなっています

ムベもそろそろ熟してきています

DSC00373_convert_20181019151636.jpg

青空にカラスの群れがけたたましく泣き騒ぎ

皆と集まって寝床に帰っていくようです

遅くなった散歩だから早めに帰らないと花婆さんのサプリも買いに行くのだから

今年は激暑に猛暑で花婆さんの体調もよく無く予防注射の時期を逃してしまいました

暖かい体調の良い日を見計らってしなければならないんですから

猫カリウスはワクチンで死に至る事は無くただ気が強くて (。>(ェ)<。)エエェェェ

薬を素直に飲んでくれないので猫缶に潰して居れてるんですよ

でも気が向かないと食べてはくれないし・・・・

顔をお湯でふやかして目ヤニや鼻水を拭き取る事も出来ないんですから

本気で噛んだり引っ掻いたり血だらけになる羽目に・・・

早朝に裏山の散歩コースに向かいました

ここは久しぶりに来るんですよ

草刈りがあまりされていないので茶チャが嫌がるので

DSCF1472_convert_20181019151652.jpg

おっかなびっくり雑草が少し前に刈られていたのでしょうね

でも五センチ近くもう生えていて茶チャは慎重そのもの ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

DSCF1473_convert_20181019151709.jpg

前には沢山ムカゴが有ったのですが・・・・

蛇が冬眠するまで待つことになりそうだな・・・・

DSCF1474_convert_20181019151737.jpg

六年近く前に地主のお爺ちゃんが植えてくれたのですが

翌年急死で草刈りも毎日して貰えずほったらかしだったか栗の木が

三メートル近くに伸びていましたよ^^

実も着いてネズミか何かが齧った跡が^^

少しずつ草刈りがされて冬以外は入れないほどに茂ってたんです

DSCF1475_convert_20181019151756.jpg

杉林の奥は毎日草刈りしていたお爺さんのお父さんたちが植えた杉林が有ったのですが

お爺さんが亡くなった次の年の大雪でほとんどが倒れてしまい

雑草や雑木が生い茂って手が付けられないほどに

蛇が冬眠するころには茶チャと奥まで入って探検するのが日課です

イバラや野ばらが茂っていて棘が刺さらないようにハサミを持って^^

今年の晩秋には入ってみようかな?

遊び疲れて茶チャは早々に私のベッドで元と

DSCF1476_convert_20181019151813.jpg

遅い夕ご飯の茶碗の音に元は降りてきて

P_20181016_192409_004_convert_20181019151829.jpg

食欲旺盛な元なんですが人間の食べ物にはあまり興味が無くて

でもこの頃お刺身や焼き魚を食べるようになってきたんです

みんなが食べているので興味がわいたのかな??

桃はドライフードが中心で猫缶も余り欲しがらないんです

風邪などひいたらどうして薬を飲ませたらいいのかな??

今一番気になっていることは各保健所の動物達の扱いについて

来年には今の課長がもしかして転勤になったら・・・・・

それまでに土台を作ろうと奔走中

ボラ達も手伝って要望書を出すつもりですが・・・・・

沢山の保健所の殺処分ゼロ!!に向かう実態を把握しておかなければ

ケージが数個しかなかったと言う事はみんな殺処分だったのでしょうか??

家のケージ全部と二段ケージ二個寄付して他からも寄付して頂いています

一匹でも助けられたら・・・・

昨日交通事故で保護された耳先カットの猫さんは亡くなっていました

保護された時点でもう手におえない状態で・・・・

私が通うようになって数匹の野犬が殺処分に

出来たら安楽死にして欲しいのですが
(例えばフードに大量の睡眠薬とか?)

ガス室送りは毎日出来るだけの愛情を注いでも恐怖ですくんでしまったり

犬舎の隅で小さくなっている子達が多いのですから

猫は一応引き取らないそうですがそれもね・・・・

飼えない状態で馴れてすり寄って来られても・・・・・

これだけ馴れた子や避妊手術するお金がないと言うだけでしないなんて
(今助成基金が期日内で五千円が貰われるのですからこれももっと知らせなきゃ)

人間の身勝手さに怒りがわくんですよ

何十年も保護活動してもらわれない子は我が家の子に

譲渡前には健康診断と避妊&去勢をお願いしています

我が家の子達は去勢&避妊&ワクチンをきちんとして

最後まで愛情掛けてそれって当然のことだと思うんです

引っ越しを数回しましたはペットOKがどんなに少なくあっても高額で

必死で探したものです・・・・

だって家族であり子供でもあるのですから

手放すなんて考えもつかないんですよ

どうしてもと言うなら新しい家族を捜してください

つんだら日和
おれ!みけお!
犬猫縁の会(出雲市)
動物保護ボランティア団体PONT
拍手にもお願いします
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

今年のムカゴはほぼ全滅です。来年を待つしかありませんv-406

No title

こんにちは。

日本はどこでもガスですか?
安楽死ではないですね。
それを選択して決行するのはどの組織なのでしょうか・・・

アメリカではほとんどの州が安楽死です。 それでも「部屋」に連れていかれるイヌたちは恐怖と不安で怯えます。
最期の時には係の人(医者含め)抱っこしたり話かけたりするそうですg、殺されることには変わりはありませんね。

どうしても殺処分しなければならないのなら、せめて安楽死にしてほしいです。
そういう要請ってできるのでしょうか?
プロフィール

tyatyamama

Author:tyatyamama
元捨て猫達と裏の空き地で産まれた茶チャ
御猫様に仕える人間と雑種犬茶チャのドタバタ生活日記

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR